読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mixi innovation centerは、株式会社ミクシィの社内新規事業を支援(インキュベート) し、社内起業者(イントレプレナー)を育てていく組織です。
facebook page / this blog

SXSW 2016: VR/AR Experience

SXSWには、VRやARの各種デバイスやコンテンツを実体験できる展示もいろいろ設けられています。会場はThe Hilton Austin Downtown.

f:id:innovationcenter:20160318121004j:plain

f:id:innovationcenter:20160318121003j:plain

小さな全天球スクリーンみたいなものの下に寝そべって体験するもの。

f:id:innovationcenter:20160318120959j:plain

こんな感じで。

f:id:innovationcenter:20160318121001j:plain

かなり涅槃な感じで引きこまれます。

f:id:innovationcenter:20160318121000j:plain

NHKによる、世界初の8K 3D VR作品Aoi.
サカナクションのPV的な構成になっています。

f:id:innovationcenter:20160318120955j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120956j:plain

会場にはしっかりトラスがき生まれ、22.2チャンネルの音場を創り出しています。

f:id:innovationcenter:20160318120957j:plain

3Dメガネはシンプルな偏光型。

f:id:innovationcenter:20160318120958j:plain

ロック・ライブ・アートの程よいバランスを持つアーティスト・マテリアルとしてサカナクションは確かにマッチしていました。東京の町並みの遠景や、スタジアムを埋め尽くすオーディエンスの絵など、カメラが引いて全景が映しだされてもなお細かいディティールまで明快な画には、8Kの解像度の威力が余すことなく感じられます。

 

こちらはKDDIの展示。HTC Viveのパフォーマンスを使いまくったVR体験。

f:id:innovationcenter:20160318120939j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120950j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120949j:plain

すっかり大暴れさせていただいて、すいません…

f:id:innovationcenter:20160318120944j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120942j:plain

武威阿瑠ですよね。押忍。

f:id:innovationcenter:20160318120938j:plain

スタッフのみなさん、ありがとうございました。ぱちり。

f:id:innovationcenter:20160318120945j:plain

 

こちらは美術大学の学生たちによる、人生の輪廻がテーマの手描きアニメ。デバイスはOculus Rift.

f:id:innovationcenter:20160318120951j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120953j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120952j:plain

 

例えばこれは韓国のハコスコ的なやーつ

f:id:innovationcenter:20160318120933j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120934j:plain

 

と思えば、こちらは木の良さでアピールしてきてます。たしかに装着するといい香り。

f:id:innovationcenter:20160318120935j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120936j:plain

The first web-based virtual reality platform of the world!

 

3D 360度カメラVUZE. 追従性が軽くてなかなかいいです。

f:id:innovationcenter:20160318120932j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120931j:plain

 

他にもとにかくいっぱい。

f:id:innovationcenter:20160318120937j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120946j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120947j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120930j:plain

 

最後に採り上げたいのが、このACROSS THE LINEです。
いわゆるエンタメ系ではありません。
中絶反対派から言葉の暴力を受けた女性の苦痛を追体験するVRコンテンツ。

f:id:innovationcenter:20160318121002j:plain

追体験の学び系VRは個人的に興味を持っていて、この SXSW 2016でもこれに関したセミナーがありました。

運転中のスマホ操作で、おっとあぶない! あるいは、あっ事故って、しまった… という追体験のVRコンテンツ IT CAN WAIT, 2015年のサンダンス映画祭で採り上げられた、レイプ体験を扱ったPERSPECTIVE, そしてシリアの難民キャンプへの爆撃の惨状をとりあげたProject Syria.

まだまだ「よし、じゃあ体験してみるか」というユースケースに依存するVRのデバイス環境で、どんなコンテンツに提供者と閲覧者の利得があるのか考えたとき、この手の学びコンテンツも頭においておいて損はないと思っています。

f:id:innovationcenter:20160318120922j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120929j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120923j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120928j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120926j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120927j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120925j:plain

f:id:innovationcenter:20160318120924j:plain